ゴルフトピックの新着情報


モテゴル部の2017年を振り返る(前編)

「日本中のゴルフ場を取り上げ、
その情報を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする謎の集団『GDOモテゴル研究部』略してモテゴル部。

2017年もあともう少し。今年も本当にあっという間だった。
今回は、本年中に公開した回の写真とともに1年を振り返ってみる。の前編。

2016年末にGDO本社が五反田へ移転。
移転して早々、ピカピカのオフィスのエントランスにて、ただはるぶちょーの新キャラがさく裂した。撮影中に社長が通りかかり、何とも言えない表情で無言のまま去っていったが、こんなことを丸1年やってきているモテゴル部メンバーのメンタルもそれなりに成長しており、苦笑いでその場を凌ぐのであった。
第24話 GDO新オフィスに移転

2年連続の参加となった、千葉県は『グレートアイランド倶楽部』の「ハロウィンゴルフ」。
ルパン一味に扮したモテゴル部一同の前に突如現れた、ふじこちゃん(※実はGDOの女性社員)を目にしたシバッバの思考は崩壊した。
誰がどの役をやるかで殴り合いになるほど揉めたが、結局ルパン→シバッバ、五右衛門→がっくん、次元→パイセンに落ち着いた。

がっくんのかつらは本人の(どうでもいい)こだわりが強くドンキで1時間ほど吟味し、そこそこいい値段のする女性ものを購入した。パイセンの次元は、コスプレ用のスリムのパンツが入らず、しかたなく自前のスラックスでまかなったが、どうしてもあっち系の人にしか見えず試行錯誤。迷走した結果、コンビニ前でスリムのパンツの代わりに黒いタイツをはくという暴挙に。一歩間違えたら変質者さながらのパイセンの姿に、さすがに必死になって止めるシバッバとがっくんであった。
第25話 ハロウィン仮装ゴルフ2017

1月。今年も美味しいお寿司を食べ・・いや、美味しいジンギスカンを食べ・・いや、美味しい毛蟹を食べ・・いやいや、ひさみっちーのモテゴル入部をかけた挑戦を受けてたつべく、“ウィンターゴルフ“が開催されるというゴルフ場、北海道は、『ゴルフ5カントリー美唄コース』に向かうことに。すすきのの街ではただはるぶちょーのテンションが1.5倍に。
第26話 ウィンターゴルフ2017(前編)

ひさみっちーの「おれの挑戦に勝利できたら、モテゴル部に入部してやってもいい」という謎の立場からの発言に違和感を隠せないメンバーであったが、北海道行きへの執着のみで、課せられるミッションに真摯に挑戦した。しかしことごとく失敗するメンバー。あきらめムードが漂う中、最後の雪上相撲対決ではただはるぶちょーが見事勝利し、ひさみっちーが新メンバーになったのであった。ひさみっちーの自作自演の疑いはいまだに残ったまま。
第26話 ウィンターゴルフ2017(後編)

3月。「雪の上でしかゴルフしたことないひさみっちーにマナーを伝授」という若干無理のある設定のもと、千葉県は『トーヨーカントリークラブ』へ。ここで大人の事情によるパイセンの卒業が発表された。当時、メンバーの人気投票を行った結果、パイセンがみごと1位になりテンションが上がりまくっていた。下位を争ったがっくんとシバッバにとっては1週間くらいほんとにウザかった(笑)。「私のことは嫌いでも、モテゴルのことは嫌いにならないでください!」とは言っていないが、前○敦子ばりの勇退であった。
第29話 さらば!パイセン

4月。タケルの100切りを達成すべく比較的スコアが出やすいと言われる、千葉県は『市原ゴルフクラブ市原コース』へ。1.5ラウンドして、最初のハーフと追加のハーフを足して100を切ったと言い張るタケルだったがもちろん認められず。実はそのあと、空気を読まずプライベートのラウンドでしれっと100を切ったらしいが面倒なので取り上げられず。物語に登場するキュアパターは、この撮影のためにGDO社員からレンタルしたものだが、この日初めて使ったタケルがすっかり気に入り、のちにその社員に懇願して半ば強引に譲り受けた。
第31話 難度の低いコースで100切りだ

5月。モテるラウンド中の所作を学ぶべく、静岡県は『修善寺カントリークラブ』で合宿。物語には出てこないが宿泊施設の『バンビハウス』には卓球台があり夜通し盛り上がった。基本的にモテゴル部は『そこに卓球台があれば必ず戦いが始まる』という習性がある。また、暗闇に響くただはるぶちょーのリアルなイビキをYoutubeにアップしたところほとんど再生されなかった。当たり前だ。
このころからモテゴル部に空前のうなぎブームが到来し、メンバーはうなぎ貧乏に陥った。
第32話 ゴルフ合宿へGO(前編)

6月。緊張感のあるラウンドを求めGDOアマチュアゴルフトーナメントにエントリー。試合当日、茨城県は『水海道ゴルフクラブ』へ。競技なので「OKなしの完全ホールアウト」など、普段よりもルールこそ厳しくなったものの、同組で回ったため緊張感は全くなく、結果も驚くほどいつも通りだった。
第34話 競技に出場して緊張感はMAXだ

6月。ビッグドライブを求め、日本一高低差のあるホールのあるゴルフ場、神奈川県は、『小田原城カントリー倶楽部』へ。普段からゴルフの練習よりも筋トレに励み、会社でもプロテインを欠かさないがっくんだが、なぜかドライバーの飛距離にはその効果は出ない。その日の最初のスイングであばらを痛めるくだりは実話がもとになっている。
第36話 日本一高低差のあるホールで1オンチャレンジ

~前編はここまで。28日公開の後編ではメンバーからのご挨拶も~

後編へ続く

最新記事

ページの先頭へ

GDOモテゴル研究部の公式ソーシャルアカウント

FOLLOW US

GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス