ゴルフトピックの新着情報


2年間で約3万本の木を伐採!? 進化を止めないゴルフ場

「ゴルフと世間をつなぐために、
ゴルフに関する様々な話題を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする集団『GDOモテゴル研究部』。

今回は担当営業を務める“瓶底眼鏡”ことヒラクイが、
岐阜県のいわむらカントリークラブをご紹介させていただきます。

いわむらカントリークラブはバブル全盛期の1985年、名古屋から車でわずか40分の場所にある恵那山(えなさん)や阿木川湖(あぎがわこ)を配する大自然のなかにオープンしました。はるか北には霊峰御嶽山(おんたけさん)の雄大な姿が望め、ホールごとに異なる360度の大パノラマを楽しめます。

アウトコースはブラインドホールもあり、その日の調子次第でスコアが左右しやすいコースです。また、8番と9番のティイングエリアからは壮大な景色を一望できます。インコースは打ち上げや、ブラインドホールが少ない為、好スコアを狙っていきやすい設計です。シグネチャーホールは15番(パー4)。とくにグリーン周りの大量の木を伐採したことで出現した「天空のグリーン」は季節や気候によって幻想的な空間を創り出し、その場に思わず立ち止まってしまいます。

グリーンは高品質ベント芝「スーパー7」を採用しています。オリンピック開催予定の霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)でも採用されており、芝目が詰まっていて見た目も美しく、ボールが純粋な転がりをするのが特徴です。

2019年10月に「コース管理課」が若手中心のメンバーに変わったのをきっかけに「コースデザイナーTEAM」と改名しました。それまでの管理方法にとらわれず、絶景パノラマと爽やかな風が抜ける広々としたオシャレなコースに変化させるべく、いまもなおコースの改装を続けています。

初心者から上級者まで幅広い層のゴルファーに対応するために、多くの樹木を伐採するなど試行錯誤を繰り返し、「アベレージゴルファーには優しく、競技ゴルファーには難しいコース」を目指しています。現在、バックティの総距離を6300ydから6800ydまで伸ばしており、またバックティの後ろに新たに競技用の「チャンピオンティ」を増設中です。

コース難度を上げるだけではなく、「女性が2打目で男性と同じクラブを持てるように」とレディスティの位置を再検討するなど、女性ゴルファーや初心者、ご年配ゴルファーへの配慮も忘れません。数々の取り組みと努力で常に進化を続けるコースは、頻繁に訪れる営業担当の私でも、毎回その変貌ぶりに驚かせられます。

「朝は早めにゴルフ場に向かって練習したい」。そんな気持ちにさせてくれる立派な練習施設があります。芝から打てるドライビングレンジ、50ydのバンカー練習場、パッティング練習場はアウトコースとインコースそれぞれスタートホールの前に。そしてスコアのカギを握るアプローチ練習場は、最長70ydから直径40ydの大きなグリーンに向かって打つことができます。しっかりと管理されたグリーンは本番と同じ仕上がりなので、ラウンドを想定したボールの止まり方や、転がりを確認することができます。すべて無料で開放しているのも嬉しいですね。

レストランでは、ゴルフ場では珍しい本格的な絶品イタリアンを楽しめます。女性には「レディースセット」がおすすめ。魚介風味のトマトクリームパスタのソースをバケットに絡めると最高です。そのほか、昔懐かしい「鉄板ナポリタン」はふわとろ卵との相性が抜群。こだわり卵でまろやかに仕立てた「オムライス」も捨てがたいです。ゴルフ好きでちょっぴりお茶目な料理長が腕を振るう料理は、味はもちろん、見た目も美しいメニューがたくさんあります。女性同伴者に「これがおいしいよ」とスマートに説明できたらモテちゃうかもしれませんね。

2019年人気ゴルフ場ランキング(中部エリア)

18歳までのジュニア会員で結成された「Teamいわむらジュニア」は、ゴルフのスキルアップはもちろん、ゴルファーとしての立ち振る舞いや人格形成にも尽力するコミュニティです。ジュニア会員の中には遠方から来る方も多いため、合宿所が1棟完備されております。練習環境も含めサポート体制は抜け目がありません。月に1度のペースで開催される「いわむらカントリージュニアワールドサーキット」では、競技形式でのプレー実践により腕を磨きます。「Teamいわむらジュニア」の中から世界に羽ばたくプロゴルファーが誕生する日が楽しみです。

~Fin~

※新型コロナ感染対策に万全の注意を払いつつ、シャッターを押す際のみマスクを外し撮影を行いました。


■関連リンク
いわむらカントリークラブのゴルフ場詳細
岐阜に突如現れた「天空のグリーン」の謎を暴け
コース管理課改め「コースデザイナーTEAM」の挑戦
2019年人気ゴルフ場ランキング(中部エリア)

人物紹介:ヒラクイ
東海エリアのゴルフ場を担当する新卒4年目の営業パーソン。ケント・デリカットより分厚い眼鏡をかけており、社内でのあだ名は「瓶底眼鏡」。

最新記事

ページの先頭へ

GDOモテゴル研究部の公式ソーシャルアカウント

FOLLOW US

GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス