ゴルフトピックの新着情報


ベガスゴルフ カジノチップマーカーで対決!

「ゴルフと世間をつなぐために、
ゴルフに関する様々な話題を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする集団『GDOモテゴル研究部』。

今回は大阪府の高槻カントリー倶楽部で「ベガスゴルフ カジノチップマーカー」なるものを使って遊んでみた。メンバーは、がっくん、シバッバ、おち丸というお馴染みの顔に、大阪支社の「自称モテ男」もっちゃんを加えた4人。

ゲームの内容を簡単に説明すると、6枚の「ポジティブマーカー」と、6枚の「ネガティブマーカー」、計12枚のマーカーがあり、4人それぞれが3枚持った状態からスタートする。

ポジティブマーカーの内容は、1パット、ニアピン、バーディー、チップイン、砂イチ、パーとアマチュアゴルファーであれば、いずれもテンションの上がる“グッドプレー”だ。

一方、ネガティブマーカーは、池ポチャ、木に当てる、バンカーに入れる、スリーパット、7打以上叩く、OBとできれば回避したい内容となっている。

最後にそれらを繰り出したものに、そのマーカーが移動するというルールだ。ポジティブマーカーを1ポイント、ネガティブマーカーをマイナス1ポイントとし、最終的に合計ポイントで勝敗を決める。

オリジナルルールとして、ニアピンに関してはパー以下で上がらないと権利が消滅する“パー縛り”を加えた。また、最初に持つ3枚は、ゴルフの実力を加味し、もっちゃんがポジティブ3枚、シバッバがポジティブ2枚ネガティブ1枚、がっくんがポジティブ1枚ネガティブ2枚を選び、おち丸が残ったネガティブ3枚を持つというハンデをつけた。

もっちゃんの人見知りが炸裂しまくりながらも、意外に盛り上がったこのゲーム。詳しくは上部の動画をぜひご覧ください~


■関連リンク
高槻カントリー倶楽部(大阪府)のゴルフ場詳細
近畿エリアのゴルフ場予約
いま注目の民泊施設で大阪ゴルフ旅【モテゴル研究部 #165】

最新記事

ページの先頭へ

GDOモテゴル研究部の公式ソーシャルアカウント

FOLLOW US

GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス