ゴルフトピックの新着情報


上田治の設計図に残された直筆メッセージとは

「ゴルフと世間をつなぐために、
ゴルフに関する様々な話題を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする集団『GDOモテゴル研究部』。

設計家・上田治が書いたコース設計図が当時のまま残されているという
武庫ノ台ゴルフコースにやってきたモテゴル部

(・・・クラブハウス内・・・)

はっしー:「これが上田治が書いたコースの設計図かあ」
もっちゃん:「きょうは特別に見せていただけることになりました」
シバッバ:「50年以上も前に書かれたものだもんね。変色した紙にも歴史を感じるなあ」

シバッバ:「全体図とグリーン周辺、排水計画まで書かれてる」
もっちゃん:「繊細ですねえ」

はっしー:「こっちにもたくさんメモが残されてる」
もっちゃん:「設計意図や、造設工事の際の注意点なんかが書かれているようですね」

もっちゃん:「これ見てください!グリーン構成見取図のメモに『周囲との調和』『可能なる限界迄敷地を広くする様に』って書いてます!やっぱりコース内から見える景色も意識して設計してたんですね」
はっしー:「ほ~すげ~」



(・・・1番ホールティエリア・・・)

もっちゃん:「上田治は明治40年に大阪府の茨木市で生まれて、中学在学中には100m背泳ぎで日本記録を樹立したらしいですよ。20歳の時には極東オリンピック上海大会に出場した経験もあるアスリートだったそうですね―」
はっしー:「大学で林学や造園学を学んでいたときに、廣野ゴルフ倶楽部造成時の助手としてアリソンと出会い、それがその後の設計思想に大きく影響を及ぼした。ちなみに井上誠一もアリソンの助手から設計家人生が始まったんだね~」

もっちゃん:「ムムムっ。“アリソンバンカー”のアリソンですね」
シバッバ:「廣野でグリーンキーパーとして働いた後、福岡の門司ゴルフ倶楽部大阪ゴルフクラブを設計。14年間廣野の支配人を務め、古賀ゴルフ・クラブの造成時に設計家として独立した。最後の作品となった昭和52年開場のこだまゴルフクラブまで生涯で50コース余りを手掛けた。と」
はっしー:「みんな調べて来とるなあ~」

部員紹介:シバッバ
GDO入社後ゴルフを始め、初ラウンドの社内コンペで280ydを飛ばし周囲をざわつかせると、1年で100切りを達成した。その後も着々とゴルフの虜になり、現在のベストスコアは85。日本酒と猫をこよなく愛する188cm。
部員紹介:はっしー
その肌の白さとベビーフェイスからは想像できないほどの腹黒さから、Mr.コントラストの異名を持つ。ゴルフの先生はもっぱらYoutubeで、鏡を見つければ必ずスイングチェックをするほどゴルフに対する意識は高い。
部員紹介:もっちゃん
生粋の関西人。ゴルフの腕前はアベレージ「110」とサッパリだが、「ゴルフテック by GDO」に通い日々腕を磨く。人見知りだが、エロいトークになるとスイッチが入る「自称モテ男」。

もっちゃん:「1番ホール…”剛の上田”らしく豪快なホールですね」
はっしー:「よっしゃ!上田治設計コースを堪能するぜい」



(・・・3番ホール・・・)

もっちゃん:「羽束山の借景を取り入れている、広々とした打ち下ろしです。しかし、広いからこそグリーンを外すとリカバリーが難しく、上空の風も考慮したクラブ選びが重要。雄大な風景にショートならでは迷いの要素を忍ばせたホールです」
はっしー:「植え込みがシンボルになっててええなあ」



(・・・4番ホール・・・)

もっちゃん:「安全と挑戦の2択で悩ませる、上田治らしいレイアウトですね。飛ばせる人なら右からの方が良いですが、スライスしてしまうとバンカーや谷からの2打目になるという…。プレーヤーの意欲を沸き立たせるホールです」
はっしー:「男らしく攻めるでえ」



(・・・11番ホール・・・)

もっちゃん:「ティーイングエリアから見える羽束山へ向かって打ちたくなるレイアウトです。しかしその方向にはバンカーが配置されているので、ココも安全に右へ置くか、左から攻めるか、もしくは短く左へ打ってから2打目で勝負するか…いろいろな選択肢を与えてくれています」
はっしー:「羽束山がいいアクセントになってるのよねえ」



(・・・17番ホール・・・)

はっしー:「うわー。難しそうなショート。右手前のバンカーに入れたらアウトだなこりゃ」
シバッバ:「右の崖には絶対打ちたくないね、かといって左のスペースも余裕があるわけではない…」
もっちゃん:「この17番は上田治の設計思想が凝縮されいるといわれています。堅実なプレーヤーでも挑戦したくなるレイアウト。崖を恐れると左のバンカーに吸い込まれ、右から攻めても一歩間違うとアリソンバンカーへ…。ショートホールですが安全策は考えず、思い切って挑戦しましょう」



(・・・ホールアウト・・・)

シバッバ:「いや~良い一日だった。設計家の戦略とか想いを考えながらプレーすると一味違うラウンドになるね」
もっちゃん:「『115』かあ。上田治先生に見事にやられた一日でした」
はっしー:「いつもどおりじゃん」

~Fin~


※新型コロナ感染対策に万全の注意を払いつつ、シャッターを押す際のみマスクを外し撮影を行いました。


■関連リンク
武庫ノ台ゴルフコースのゴルフ場詳細

最新記事

ページの先頭へ

GDOモテゴル研究部の公式ソーシャルアカウント

FOLLOW US

GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス