アンケートのお願い

GDO

MENU

第49話 日本一戦国時代なゴルフ場!?の巻(前編)

「日本中のゴルフ場を取り上げ、
その情報を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする謎の集団『GDOモテゴル研究部』略してモテゴル部。

(・・・就業後の会議室・・・)

シバッバ:「うーむ。サンバイザーかハンチングか、、、お!ニット帽という手もあるな」

部員紹介:シバッバ
バーテン、モデル、俳優業を経てWEB業界へ。GDO入社後、以前から興味があったゴルフを始め、1年で100切りを達成。その後も着々とゴルフの虜に。現在のベストスコアは88。キリンを見下ろす事が出来る程の長身から繰り出すドライバーショットは豪快そのもの。

がっくん:「なに見てるの?」
シバッバ:「ヘッドウェアの特集記事。そろそろ新しいものを買おうかと思ってるんだけど、何にしようか迷っててさ」
タケル:「(ヘッドウェアって・・・帽子って言えばいいじゃん・・・)」

部員紹介:がっくん
毎年、年間ラウンド50回程度というヘビーゴルファー。ベストスコアも70台と腕前も高い。なぜか興奮すると脱ぎたがるという厄介な習性がある。過去、ゴルフのスイング中に脇腹を骨折したのを機に、狂ったようにジムに通うようになる。

タケル:「そもそも帽・・・ヘッドウェアってなんでゴルフの時かぶらないといけないんですか?」

部員紹介:タケル
沖縄出身の自他ともに認めるエロメガネ日本代表。
ゴルフは大好きだが練習は大嫌い。
モテゴル研究部メンバーの中では比較的常識人だが、メンバーの常軌を逸した行動に、無意識にツッコミを入れる癖がついてしまう。

シバッバ:「タケル・・・そんな事も知らないでメガネかけてたの?」
がっくん:「一体なんのためのメガネだよ!」
タケル:「いや、メガネ関係ないですからっ!(ビシッ)」

ひさみっちー:「ヘッドウェアをかぶる理由は2点。1つ目は万が一ボールが頭部に直撃した時の衝撃を和らげるという事故防止の観点。2つ目は、夏は熱中症予防、冬は防寒対策になるという事。どちらもルールではなくマナーの領域なんだけど、まぁ最近は格好いいヘッドウェアもいっぱいあるから、オシャレという意味でも是非かぶりたいよね!」

部員紹介:ひさみっちー
ウィンターゴルフ部の部長兼務。ウインターゴルフ部だけに雪国を大好きかと思いきや、それ以上に九州(博多)をこよなく愛するGDO(ゴルフ・大好き・おじさん)。「モテる秘訣は黒さだ」と今だに信じ、日々「黒さ」を追求中。名曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」に乗せた宴会芸は目を見張るものがある。

一同:「おおおおおーーー!!」
がっくん:「ひさみっちー100点の回答ありがとうございます!」
ひさみっちー:「フフフ、ゴルフマナーについてはあのあとめちゃくちゃ勉強したからね。あ、クラブハウスではちゃんと脱帽するというのもマナーだよ!」
シバッバ:「あのあと?」
「第29話 さらば!パイセン!の巻」参照

タケル:「・・・っていうかぶちょー!さっきからずっとスマホいじってますけど、何やってるんですか?」

ただはるぶちょー:「んー?『信長の希望』っていう戦国ゲーム。面白いんだよこれが」

部員紹介:ただはるぶちょー
ゴルフ場の知識に関しては、社内で右に出るものが1,2名いる程度の有識者。知識だけでなくモテたい指数も誰よりも高い。ラウンドしたコースは国内外合わせて900コース(2017年1月時点)。プチ自慢はカンボジア、ドバイなどでのラウンド経験で、国内においても日本の名コース百選のうち70以上のゴルフ場でプレー済み。

シバッバ:「戦国ゲームか。。。学生時代日本史苦手だったから興味ないなー」
がっくん:「俺も。。。」
ただはるぶちょー:「なんだとぅ~!?日本人たるもの、日本史、とくに戦国時代に興味がないとは言語道断だぞ!」

ただはるぶちょー:「よし、今回は石川県の加賀カントリークラブというコースに行って、お前たちに少しでも歴史に触れてもらうことにしよう!」

がっくん:「石川県!?」
ひさみっちー:「もしかしてまた車ですか!?」
シバッバ:「ゴルフ場と歴史って、何か関係あるんですか?」
ただはるぶちょー:「ははは、それは行ってからのお楽しみだ。そして、今回はちゃんと新幹線で行っていいぞ」
「第40話 モテゴル部、片道640kmドライブの巻」参照

シバッバ:「石川県かー。そういえば日本海側のゴルフ場って行った事ないな」
ひさみっちー:「回転寿司行こう回転寿司!」
タケル:「あ・・・あの-・・・」

ただはるぶちょー:「ん?どうしたタケル?」
タケル:「実は、、、先日フットサルの試合でアバラやっちゃいまして、、、医者から2ヶ月安静と言われてますので今回はパスでお願いします」

がっくん:「なんか前々回の風邪といい最近のタケル、きわめて“弱“だな」
タケル:「ほんとすみません。。。」

タケル:「お詫びと言ってはなんですが、僕が今回のゴルフ場にぴったりのヘッドウェアを全員分、手配させていただきます!」
シバッバ:「え♪いいの!?」

ただはるぶちょー:「よし、じゃヘッドウェアはタケルに任せるとして、今回は石川県の加賀カントリークラブに出陣じゃ!」
一同:「御意!!」

かくしてモテゴル一同は、
日本一戦国時代なゴルフ場、
加賀カントリークラブに向かうのであった。



(・・・次週予告・・・)



第50話 モテゴル部に忍び寄る怪しい影!の巻

後半へ続く

最新記事

ページの先頭へ

GDOモテゴル研究部の公式ソーシャルアカウント

FOLLOW US

ゴルフ場一覧