アンケートのお願い

GDO

MENU

第16話 モテゴル部、GDOアマに出てみるの巻(後編)

「日本中のゴルフ場を取り上げ、
その情報を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする謎の集団『GDOモテゴル研究部』略してモテゴル部。

(・・・遂に競技ゴルフに出る事となった4人はチェックインに向かった・・・)

Vol14_01

がっくん:「あ、競技ゴルフ部部長。」
ナメっきー:「あ、お前たちは!! 筋肉大好き男 with SUPER マンキーズじゃないかぁぁぁぁあああ!!」
全員:「(ふ・・・古くない?・・・)」
ナメっきー:「良く来た!!!だが、ゴルフ熱が無いような奴が予選を通れる程甘くない世界だぞぉお!!!」
全員:「(相変わらず熱いなぁ・・・)」

namekki
人物紹介:ナメっきー
競技ゴルフ部部長。あの有名テニスプレーヤーをも凌ぐ熱量を持ち、演歌歌手よりも人情深く、涙もろい。競技ゴルファーの裾野を広げるべく、日本全国津々浦々を飛び回っているらしい。

がっくん:「いやーしかし・・・・」

Vol14_02

がっくん:「テンションあがってきたー!!」

VOL14_02_1
人物紹介:がっくん
毎年、年間ラウンド50回程度というヘビーゴルファー。ベストスコアも70台と腕前も高い。なぜか興奮すると脱ぎたがるという厄介な習性がある。過去、ゴルフのスイング中に脇腹を骨折したのを機に、狂ったようにジムに通うようになる。

パイセン、しばっば:「確かに!!」
ただはるぶちょー:「お揃いのユニフォームなんて事を恥ずかしげも無く出来てしまうのもまた、チーム戦の醍醐味なんだろうな。」

Vol14_03_2

パイセン:ハロウィンの件があったから心配してたけど、やれば出来んじゃんね、タケル。」
シバッバ:「お礼言っときましょうか。」
がっくん:「そうね、ちゃんと言葉で伝えないとね。」





(・・・・・プルルルルッ・・・・プルルルルッ・・・・)



 
 
Vol14_05_2

タケル:「お疲れ様です、タケルです(超小声)」

 
 
Vol14_04

がっくん:「いやー、タケルの作ったユニフォームが良い感じなんで、お礼を言おうと思ってさー。ありがとね!!!」
タケル:「ちょっ・・・声デカイですって。。。お礼とか良いんで頑張ってください(超小声)」
がっくん:「え!? 何て?? とりあえずシバッバに代わるわ。」

 
Vol14_04_2
 
 
 

Vol14_04_1
人物紹介:シバッバ
バーテン、モデル、つけ麺屋、俳優業を経てWEB業界へ。WEBディレクター業務を通してゴルフに興味を持ち、1年で100切りを達成するも、その後長らく90の壁と格闘中。キリンを見下ろす事が出来る程の長身から繰り出すドライバーショットは豪快そのもの。

シバッバ:「タケル、お前の 【 魂 】 受け取ったぜ! ありがとな!」





(・・・プーッ・・・プーッ・・・プーッ・・・プーッ・・・)



Vol14_05

シバッバ:「あいつ・・・切りやがった・・・」

ただはるぶちょー:「さて・・・そろそろ出番だぞ!」
パイセン、がっくん、シバッバ:「はいっ! 速攻で手洗いしてきます!」

 
 

・・・・そして遂に・・・・
・・・モテゴル研究部員たちの競技ゴルフが幕を明けた・・・

 
 


GDOアマチュアゴルフトーナメント
チームスクランブル戦
4人がティーショットを打ち、セカンドショット以降はその中からチームとしてベストポジションと思われるボールを選択し、その地点からまた全員が打つ。
これをカップインまで繰り返す。
※選択されなかったボールは速やかにピックアップしその地点へ。

VOL14_05

ただはるぶちょー、がっくん:「グッッッッショーーー!!」

 
 

・・とあるホールのセカンドショット・・

 
 
VOL14_06

パイセン:「ん!?」
がっくん:「遂にキタ!!!???」
シバッバ:「さすがぶちょー! これはバーディー(ハイタッチ)チャンスでしょ!!!」

 
 

次ページ:夢のハイタッチに向けて!!

最新記事

ページの先頭へ

GDOモテゴル研究部の公式ソーシャルアカウント

FOLLOW US

ゴルフ場一覧