GDO

MENU

第15話 モテゴル部、GDOアマに出てみるの巻(前編)

「日本中のゴルフ場を取り上げ、
その情報を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする謎の集団『GDOモテゴル研究部』略してモテゴル部。

(・・・とある就業後のオフィス。ただはるぶちょーのスイング講義を聞く研究部員・・・)

VOL15_1

ただはるぶちょー:「シバッバは、どうしても振りに行っちゃうから安定しない訳だ。」
シバッバ:「そうなんですよねー、どうしても飛ばそうとして力が入っちゃうんですよねぇ。」

VOL15_1_1
人物紹介:シバッバ
バーテン、モデル、つけ麺屋、俳優業を経てWEB業界へ。WEBディレクター業務を通してゴルフに興味を持ち、1年で100切りを達成するも、その後長らく90の壁と格闘中。キリンを見下ろす事が出来る程の長身から繰り出すドライバーショットは豪快そのもの。

VOL15_2

タケル:「がっくん、どうしたんですか??」
がっくん:「いやー、何と言うか最近ゴルフよりも筋肉への愛情が勝ち始めててさ。」
ただはるぶちょー:「そうか、そう言う事だったのかがっくん。
目標を見失ってるんだな。」
タケル:「(だからタンクトップ・・・?)」

VOL15_2_1
人物紹介:がっくん
毎年、年間ラウンド50回程度というヘビーゴルファー。ベストスコアも70台と腕前も高い。なぜか興奮すると脱ぎたがるという厄介な習性がある。過去、ゴルフのスイング中に脇腹を骨折したのを機に、狂ったようにジムに通うようになる。

・・・ガチャッ・・・

VOL15_3
 
 
 

バーーーーン!!

 
VOL15_4

ナメっきー:「せーーーい!!! そこの悩める子羊よ、ならば競技ゴルフに出てみるべしっ!」
がっくん:「えっとー・・・・ ドナタ?」

 

nameki
人物紹介:ナメっきー
競技ゴルフ部部長。あの有名テニスプレーヤーをも凌ぐ熱量を持ち、演歌歌手よりも人情深く、涙もろい。競技ゴルファーの裾野を広げるべく、日本全国津々浦々を飛び回っているらしい。

ただはるぶちょー:「キミが誰かは知らんが、その手があったな! がっくんよ、確かにある程度のスコアも出るようになると、逆に向上心が薄れて行く事もある。競技ゴルフと言う楽しみに触れてみるのも一つの手かもしれんな。」

VOL15_5

ナメっきー:「ぬぅぉぉぉぉぉおおお!! 良い事を言うじゃないか、おじさぁぁぁあぁん!」
ただはるぶちょー:「お・・・おじさん!? しつれいな・・・・」
ナメっきー:「競技ゴルフはスクラッチでの真剣勝負! 色々な緊張感がまた違った楽しみを生みだすのだぁぁああああ!!!」
がっくん:「(何だか暑苦しい人だな・・・・)」

VOL15_6

ナメっきー:「と言う事で、これをお前に授けておこう。」
がっくん:「なんですか、これ????」
ナメっきー:「そう、これこそがGDOが主催する競技ゴルフ大会!「GDOアマチュアゴルフトーナメン・・・・・・・・・」

VOL15_7

4人:「いや、本当、単なる宣伝なら出てってもらって良いですかね。」

VOL15_8

ナメっきー:「待てマテまてーーーーーーい!!!! 出てみたら楽しいと言ってるだろうが!」
パイセン:「いやいや、大会だなんて、我々にはまだ早いですって。」

 

VOL15_8_1
人物紹介:パイセン
アメリカでゴルフに出会った事もあり、無駄に発音が良く、正直ウザい。特に「Par」の発音は最強で、もはや消し去りたくなるレベル。腕前は、70台~100台と言う大きめなブレ幅の中でのプレーが続く。

ナメっきー:「仲間と力を合わせて戦うチームスクランブル戦と言うのがある事を知っているか? 初めて競技の扉を開くには最適だぞ!」
全員:「チームスクランブル戦!?」
ナメっきー:「しかも、雰囲気も和気藹々。キャディさんとハイタッチだって出来るんだがな。まぁ、ゴルフもトークも、お前達の実力次第だが。」

VOL15_9

がっくん:「ジブン、デマス!」
ただはるぶちょー、パイセン、シバッバ:「俺も!!!」
タケル:「ボ ・・・・・」
ナメっきー:「ターーーーーイムアーーーーーーーーップ!!!!」
タケル:「??????」
ナメっきー:「チームスクランブル戦は4人までしかエントリー出来ないのだ。よって、そこのエロメガネ君は決意表明遅れにより補欠!!!」

IMG_8548_!

タケル:「(がびーーーん)」
ただはるぶちょー:「折角だからユニフォームとか作っちゃおうか。頼んだぞ、タケル!!!」
ナメっきー:「まぁ、そう言う事だエロメガネ君! 参加する4人はよーーーくそのバイブルを読んでおくが良い! サラバだ!!!」

12_IMG_8594

ただはるぶちょー:「しかしまぁ、良いコースばかりで開催してるなー。何処にエントリーするか迷ってしまうぞ。」
3人:「ただはるぶちょーにお任せします!!」
ただはるぶちょー:「うーん・・・それじゃー・・・準備して、っと・・・」





VOL15_11

ただはるぶちょー:「こんにちわ。」
タケル:「(・・・あっ、そうか、こうなったんだった・・・)」
ただはるぶちょー:「今日は、GDOアマチュアゴルフトーナメント チームスクランブル戦について考えてきました。」
タケル:「(大会参戦だから「闘」・・・?)」

VOL15_11_1
人物紹介:ただはるぶちょー
ゴルフ場の知識に関しては、社内で右に出るものが1,2名いる程度の有識者。
知識だけでなくモテたい指数も誰よりも高い。ラウンドしたコースは国内外合わせて882コース(2016年7月時点)。
プチ自慢はカンボジア、ドバイなどでのラウンド経験で、国内においても日本の名コース百選のうち70以上のゴルフ場でプレー済み。

VOL15_12

ただはるぶちょー:「タイトル、キャディさんとハイタッチ。」
タケル:「(もはや「闘」関係無くなっちゃたし・・・・)」

VOL15_13

ただはるぶちょー:「チーム全員が和気藹々と歩いてラウンド出来る。」
タケル:「(アフロにロン毛にリーゼントって・・・)」

VOL15_14

ただはるぶちょー:「名門コースの象徴、松が沢山。」
タケル:「(ん!? 歌舞伎顔・・・!?)」

VOL15_15

ただはるぶちょー:「茨城県にある。」
タケル:「(明らかに歌舞伎顔に寄せてきた!!)」

VOL15_16

ただはるぶちょー:「キャディさんの帽子に特徴がある。」
タケル:「(と思ったらふざけだした!!)」

VOL15_17

ただはるぶちょー:「水海道ゴルフクラブに決定。」

4人:「(何か、部長の自由度高くなってきたなぁ・・・)」

かくして、ただはるぶちょー、がっくん、シバッバ、パイセンの4名は、『水海道ゴルフクラブ』で開催されるチームスクランブル戦に向かうのであった。



(・・・次週予告・・・)



【次週】モテゴル部、GDOアマに出てみるの巻(後編)

Vol14_03
 

~ 次週に続く ~

最新記事

ページの先頭へ
ゴルフ場一覧