GDO

MENU

第38話 夏×ゴルフ×グランピング!の巻(後編)

「日本中のゴルフ場を取り上げ、
その情報を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする謎の集団『GDOモテゴル研究部』略してモテゴル部。

今回モテゴル部一同はグランピングを体験すべく、
キャメルゴルフリゾートに向かうのであった。

(・・・ゴルフ場到着・・・)

がっくん:「着いたー!」
タケル:「わあー、パームツリーがいい感じですね!」



(・・・グランピングエリア・・・)

ひさみっちー:「おお!立派なテント!今夜ここで寝泊まりするのか!」
シバッバ:「テンション上がりますねー!」

タケル:「BBQセット借りてきました!」
がっくん:「サンキュー!じゃさっそく準備に取りかかろう!」

部員紹介:タケル
沖縄出身の自他ともに認めるエロメガネ日本代表。
ゴルフは大好きだが練習は大嫌い。
モテゴル研究部メンバーの中では比較的常識人だが、メンバーの常軌を逸した行動に、無意識にツッコミを入れる癖がついてしまう。

タケル:「じゃーん!」
一同:「おおおおー!超豪華!!」

シバッバ:「うっわ、めっちゃ美味い!!」
がっくん:「最高!!」
タケル:「コース見ながらBBQできるなんて幸せですねー!」

部員紹介:シバッバ
バーテン、モデル、俳優業を経てWEB業界へ。GDO入社後、以前から興味があったゴルフを始め、1年で100切りを達成。その後も着々とゴルフの虜に。現在のベストスコアは88。キリンを見下ろす事が出来る程の長身から繰り出すドライバーショットは豪快そのもの。
人物紹介:がっくん
毎年、年間ラウンド50回程度というヘビーゴルファー。ベストスコアも70台と腕前も高い。なぜか興奮すると脱ぎたがるという厄介な習性がある。過去、ゴルフのスイング中に脇腹を骨折したのを機に、狂ったようにジムに通うようになる。

ひさみっちー:「あ、そうだ!これ買ってきたからみんなで食べよう!」
がっくん:「なんですか?そのバカデカい石けんは?」
ひさみっちー:「石けんじゃなくてマシュマロだよ!BBQと言えば焼きマシュマロでしょ!」

メンバー紹介:ひさみっちー
ウィンターゴルフ部の部長兼務。ウインターゴルフ部だけに雪国を大好きかと思いきや、それ以上に九州(博多)をこよなく愛するGDO(ゴルフ・大好き・おじさん)。「モテる秘訣は黒さだ」と今だに信じ、日々「黒さ」を追求中。名曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」に乗せた宴会芸は目を見張るものがある。

シバッバ:「いや、さすがにこれはデカすぎですって!しかも2袋もあるし!」
がっくん:「おれ、1個でいいです。」
タケル:「おれも。」
ひさみっちー:「えーーッ!?みんな食べると思って買ってきたんだから、いっぱい食べてよー!!」



1時間後

タケル:「ふーーッ!美味しかったー。大満足。」
がっくん:「おれ、1日でこんなにマシュマロ食べたの初めてだわ。」
シバッバ:「でもまだ半分以上残ってるけどね・・・」
ひさみっちー:「さて、じゃ暗くなる前にゴルフの準備でもするかー。」

シバッバ:「え!?ゴルフ?だってここ照明ないからナイターできないですよ?」
ひさみっちー:「うん。今からやるのはナイターじゃなくてナイトゴルフさ。」
タケル:「ナイトゴルフ!?」

ひさみっちー:「そう。照明がない状態で、これを使ってゴルフをやるんだ。」
シバッバ:「あ!光るボール!」

がっくん:「でも照明がないってことは真っ暗な状態でゴルフするんですよね?ちゃんと打てるもんなんですか?」

ひさみっちー:「知らん!俺も初めてだから!(きっぱり)」
タケル:「(知らないのにこんなに偉そうな人初めてみた・・・)」
がっくん:「まぁ、なんだか楽しそうだからとにかくやってみよう!」



ナイトゴルフ、いざスタート

シバッバ:「むーん!」
ひさみっちー:「レーザービーム!」

がっくん:「えい!」
タケル:「うっわ!めっちゃきれい!」
シバッバ:「幻想的!」

ひさみっちー:「よっ!」
タケル:「おおおーー!入った!」
がっくん:「てか、暗すぎてグリーンの傾斜とかまったくわからないな 笑」



ナイトゴルフ終了

シバッバ:「はー、楽しかった!」
がっくん:「真っ暗な中でゴルフできるのか心配だったけど、新鮮で面白かったね!」

タケル:「決めました!!僕、モテゴル部でモテの極意をマスターして、いつか女性と一緒にまたここでグランピング&ナイトゴルフしたいと思います!」

がっくん:「タケルは夜ゴルフすると必ずもう一回来ることを誓いたがるな。」
第12話『恋のホシゾラ★ゴルフ』参照
シバッバ:「そんなことよりこの大量に余ったマシュマロをなんとかすること考えろよ!」

ひさみっちー:「お♪タケル一緒にマシュマロ食べてくれる!?」
タケル:「ちょ、、、、もうお腹いっぱいなんで勘弁してください!」
一同:「あははは!!!」

こうして、キャメルゴルフリゾートの
グランピングの夜は更けてゆくのであった。

~Fin~

最新記事

ページの先頭へ
ゴルフ場一覧