GDO

MENU

第21話 日本一のプレーファースト!スピードゴルフの巻

「日本中のゴルフ場を取り上げ、
その情報を世の中に発信し、あわよくばモテること」

をモットーとする謎の集団『GDOモテゴル研究部』略してモテゴル部。

(・・・とある日の昼休み。会社の屋上・・・)

スピードゴルフ

タケル:「うーん。」

スピードゴルフ

シバッバ:「はあ?」

スピードゴルフ

シバッバ:「何やってんだ?あいつ。あんなとこで。」

シバッバ
部員紹介:シバッバ
バーテン、モデル、俳優業を経てWEB業界へ。GDO入社後、以前から興味があったゴルフを始め、1年で100切りを達成。その後も着々とゴルフの虜に。つい先日90切り達成。キリンを見下ろす事が出来る程の長身から繰り出すドライバーショットは豪快そのもの。

シバッバ:「おい、不審者!何やってんの?」

スピードゴルフ

タケル:「あ、シバッバさん!!・・・じ、実はこの前のラウンドの時に、ルーティンというものを取り入れてみたのですが、一緒に回った殺し屋みたいな顔の上司に『ルーティン長すぎ! それじゃモテないぞ!』と注意されまして・・・」
※ルーティン:打つ前の決められた一連の動作

タケル
部員紹介:タケル
沖縄出身の自他ともに認めるエロメガネ日本代表。
ゴルフは大好きだが練習は大嫌い。
モテゴル研究部メンバーの中では比較的常識人だが、メンバーの常軌を逸した行動に、無意識にツッコミを入れる癖がついてしまう。

シバッバ:「へー。ちょっとやってみて。」
タケル:「あ、はい。えーと・・・」

タケル:「ティーアップして、軽く素振り。で、まず、目標を定める。で、クラブを横に持って、肩甲骨をほぐす運動。深呼吸を一つ、で軽く素振りを二回。アドレスに入って、足踏みして位置を整えたら、1回アドレスを外して、テークバックを確認、で、軽く素振り。で、」

シバッバ:「なげーよ!笑」

スピードゴルフ

タケル:「えー!やっぱり!?」
シバッバ:「あと、なんか、独創性がすごい。笑」

スピードゴルフ

シバッバ:「よし、タケル。これ出るか!スピードゴルフ!(キラーン)」

スピードゴルフ

タケル:「何ですか?スピードゴルフって。」
シバッバ:「俺も良く分かんないけど、とにかく速くゴルフするらしい。ストローク数とタイム(分)を足してスコアを出すんだって。速い人は1時間くらいで18ホール回るらしいよ。」
タケル:「速っ!」

スピードゴルフ

シバッバ:「これに参戦して、『プレーファースト』を学ぶべし!」
タケル:「確かにルーティンとかやってる場合じゃなさそうですけど・・・」

スピードゴルフ

シバッバ:「じゃ申し込んでおくね~」
タケル:「え?ちょ!まじっすか!?」

次ページ:タケルがスピードゴルフに初挑戦!

最新記事

ページの先頭へ
ゴルフ場一覧